お知らせ

2021/05/17

みほしるべ(企画展)「三保松原コレクション 小さな花」開催中

三保半島は、波の力で運ばれた砂礫により形成が進み、現状に近い形となったのは約600年前と考えられています。
そこに進出したのは、養分に乏しく乾燥しやすい砂質土壌に耐え、強い潮風にさらされても生き残ることができた、たくましい植物たちです。
今回の企画展では、令和元年以降、三保松原で確認できた約70種類の花を、在来種・外来種を問わず解説とともに写真で紹介します。この機会にぜひ、小さな花に注目して松原を散策してみませんか?

会期:令和3年5月15日(土)~7月4日(日)
開館:9時~16時半 入館無料・年中無休
場所:静岡市三保松原文化創造センター「みほしるべ」1階通り土間
主催:静岡市
共催:一般財団法人三保松原保全研究所
詳細はこちらをご覧ください。
https://miho-no-matsubara.jp/event/archives/chiisanahanacollection
【関連イベント】
●松原保全クイズラリー
松原保全や企画展に関するクイズに挑戦!参加者にはみほしるべのクリアファイルをプレゼントします。
日時:企画展開催中の土日祝日 各日15時まで随時受付
場所:みほしるべ1階総合案内
定員:各日30名(無料・先着順)

●見つけよう!小さな花
松原内を歩いて、企画展で紹介されている花の写真を撮影された方にみほしるべの缶バッチをプレゼントします。
日時:企画展開催期間中 各日16時まで受付
参加方法:撮影した写真(デジカメやスマホ等の画面で可)をみほしるべ1階総合案内にご提示ください。
定員:先着100名(無料・お一人様1回限り)

Top main icon08 Top main icon04 General Top Fujieda area Shizuoka area